家族葬についての基礎知識を解説

従来は日本で行われる葬儀のほとんどは仏式の一般葬で、葬儀の平均費用は約200万円にも上りました。このため、日本のお葬式は世界一高額、と言われるほどです。ところが最近は、シンプルで小規模なお葬式を選択する人が増えています。葬儀業者によって差があるものの、近年は規模の大きな従来型の一般葬が執り行われるケースが少なくなり、その代わりに故人の家族や限られた友人などの少人数で執り行われる「家族葬」と呼ばれる規模が小さなお葬式が人気を集めています。家族などの近親者だけで通夜を省略した「1日葬」も含めると、少人数で行われる葬儀は過半数を超えるほどです。一般弔問客を呼ばずに家族だけで執り行われるお葬式は、葬儀の規模や一般弔問客に対する対応方法などが、従来のお葬式(一般葬)と大きく異なっています。葬儀を行う立場の人だけでなく、葬儀の知らせを受けた側の人も、家族や親しい友人だけで行われる少人数のお葬式についての基本的な知識を身に付けておくことが大切です。

家族だけで執り行われる葬儀が増えている理由

今では半分以上の人が一般葬よりも家族葬を選択しています。家族だけで執り行われる少人数のお葬式が増えた原因として、一般葬よりも少ない費用で葬儀ができること、価値観の多様化に伴い個性的で自由な葬儀を希望する人が増えていること、儀礼的・形式的に葬儀に参列する一般弔問客への対応をしなくても済む、高齢化によって葬儀に参列する故人の知り合いが少なくなった、などの理由があります。特に最近は葬儀費用を安く抑えることが目的で、少人数でシンプルなお葬式を選択する人が増えています。家族や近親者だけで葬儀を行えば葬儀費用は100万円前後で済み、一般葬の半額程度に抑えることができます。葬儀当日に参列者や弔問客に対する対応が不要なので、遺族の負担が軽くなります。最近は格安料金の葬儀サービスを行う新興葬儀社が増えているため、その気になれば数十万円程度の費用でお葬式を行うことも可能です。

家族だけで行われる葬儀と一般葬との違い

家族葬の特徴は、一般葬のように故人とあまり親しくなかったような人を葬儀に招待したり、一般弔問客の訪問を受け付けないことです。故人が亡くなった連絡は行いますが、葬儀は故人の家族や親しかった一部の友人しか参列することができません。儀礼的な弔問や焼香を一切受け付けないため、葬儀は少人数(30人程度かそれ以下)の小さな会場で行われます。このため、葬儀費用は一般葬の半分以下で済ませることが可能です。ただし、一般弔問客の弔問を受け付けないので、参列者1名あたりの葬儀費用は一般葬よりも高くなります。葬儀の際に一般弔問客に対する応対が不要なので、ゆっくりと過ごすことができます。家族葬は限られた少数の人しか参列しないため、葬儀に招待する人のリストを作成する必要があります。近所の人の弔問も受け付けないため、なるべく目立たないように自宅外の会場で葬儀が執り行われます。葬儀に呼ばなかった人に対しては、葬儀後に“葬儀が行われたことの報告”という形で訃報を発送します。葬儀前に訃報を送る場合には、弔問・弔電、香典料、焼香などをお断りする文言を入れておきます。

お電話でのお問合せはフリーダイヤルとなっている為お金は一切かかりません。 ご葬儀に対してのお見積りや資料請求も行っております。 当社はスタッフ全員の熱い気持ちと思いがお客様のアフターケアに繋がっています。 遺言や相続のことに関しましても当社では弁護士や税理士をご紹介できる形になっております。 お見積り・資料請求に関しましてはメールにてお伺い致します。 心を込めて【家族葬】をサポートいたします