家族葬にかかる費用の相場をまとめました

これまでの葬儀は費用を抑えても100万円前後はしてくるのが当たり前でした。価格を抑えるために家族葬を選ぶ方も増えていますが、規模としては多くても30~50人以下の葬儀となるため、大体の相場としても30~50万円ぐらいと約半分以下にはなります。葬儀費用の捻出に悩んでいた方も、だいぶやすくできるのでほっと胸をなでおろしている事でしょう。近年は香典や供花、飲食接待なども削減して行う事も増えていますので、状況に応じてそちらもカットすればさらに費用を抑えることができます。呼ぶ人も本当に家族のみ、式もシンプルにしていくと10~20万円ぐらいでも行える業者があるので、状況や故人の意向に合わせて後悔しない様なお見送りができるように話し合いましょう。

葬儀代に含まれている内容を確認する

一口に家族葬と言っても、葬儀の進行自体はこれまでと殆ど変わりません。ただし、呼ぶ方を減らしたり、式の内容自体もシンプルにしていくので、周囲への配慮も必要になります。プランを見ていても葬式を挙げないといけないという一心で、あまり内容を精査せずに決めてしまう事もよくあります。基本料金が安く設定されていたとしても、必要なものやサービスが含まれていなくて追加していくと、結局は高くついてしまうという場合もありますので、依頼をする前に見積もりを取ったり複数の業者で比較するようにすれば、より安心して葬儀の準備をしていけます。葬儀をすることは決めていても、どのようにすればいいのかは何度も経験する事ではありませんので、業者に問い合わせてきちんと対応してくれるかどうかも確認しておいて下さい。

どんな葬儀をしたいのか家族間でも話し合う

家族葬はとにかく安くできるからというように思っている方も少なくありません。しっかりとどのような内容で葬儀を進めていけるのかも理解しておかないと、これまでと変わらないような争議になってしまう事も多々あります。特に、「誰を呼ぶのか」「呼ばないのか」ということは簡単なようでいて難しいトラブルに発展したりもします。今でこそ香典などは辞退する案内もありますが、やはり故人にきちんと挨拶をしたいという方もいますし、これまでの地域の慣習などを重んじる方も少なくないからです。安くなるから選ぶというのではなく、家族でそっと悲しみに浸る、故人を偲ぶ時間が欲しいという考えで選ぶ方もいますので、予算やプランを家族間で相談をし、連絡時も礼を欠くことのないように配慮する事が大切です。